YOSHIKIとT,KOMURO

  • 2009/08/24(月) 21:48:46

YOSHIKIと小室哲哉がV2というユニットを組んでいた事を、覚えているひとってどれくらいいるんでしょうね。

23日、頚椎(けいつい)椎間孔切除手術を7月に受けたロックバンド『X JAPAN』のリーダー、YOSHIKIさん(年齢非公表)が三重・鈴鹿サーキットにヘリコプターで登場。
YOSHIKIさんがプロデュースするレーシングチーム「ROCKSTAR 童夢」のGTシリーズ第6戦決勝を観戦するために来た、ということです。

椎間孔切除手術に関しては医師から次のように宣告されたことを告白。
「以前とまったく同じ状態に戻ることはない。ドラムは100%無理。できても80%ぐらい」

YOSHIKIさんは、過激なドラムプレーの代償として脊柱管が狭くなり、神経が圧迫される頚椎椎間孔狭窄(きょうさく)症を患っていました。7月27日にアメリカのロサンゼルスで上から5番目と6番目の頚椎の間を広げる手術を受けました。神経が密集する個所だけに手術は困難を極めたそうですが、無事に成功したということです。
しかし、3番目と4番目、6番目と7番目の頚椎の間や腰にも損傷が判明し、医師から3年以内の再手術を宣告されたということです。

YOSHIKIさんは、『X JAPAN』のほかにも多彩な音楽活動で知られるアーティスト。
1999年には天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典の奉祝曲の制作依頼を受け、作曲した『Anniversary』を御前演奏したこともあります。
1991年には、小室哲哉さんとユニット「V2」でも活躍しています。

小室哲哉さんといえば、音楽著作権の譲渡をめぐる詐欺事件で5月に執行猶予付きの有罪判決(確定)を受けたわけですが、22日に東京都調布市の味の素スタジアムで開かれたライブに出演しました。判決後、公の場での演奏するのは初めてということで、小室さんは約5万人の聴衆を前に38秒に渡って頭を下げ続けたということです。



Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090824-00000003-dal-ent


----------PR----------

会計事務所 記帳 八千代市

事業計画書 作成 八千代市

相続税 相談 八千代市

独立起業 融資 八千代市

整骨院 資金計画 八千代市

出版コンサルティング

宣伝カーが走りまくってます。

  • 2009/08/18(火) 22:30:35

いよいよ衆院選公示。
各党で動きもかなり激しく、活発化してきていますが…なぜか乗り気になれないんですよね。
熱バテなのかな…。

公示前ではありますが、「○○党候補予定の○○でございます」という街宣カーが走り回っていたお盆休み。うるさい思いを味わった方も多いのではないでしょうか。

衆院選公示を明日に控え、各党ともに候補者選びに奔走しているようです。

自民党参院議員の舛添要一厚生労働相(60)は、衆院選の比例代表東京ブロック1位での立候補を打診されたそうです。
参院から衆院へ乗り換えろ、ということですね。この打診に対して、舛添厚生労働相「出馬はあり得ない」と言明したそうです。
自民党の議員の中でも大きな知名度を誇る舛添厚生労働相ですが、参議院議員であるにも関わらず衆議院議員に駆り出すあたり、自民党の焦燥感が伝わってきますね。

衆院選から撤退と言われていた政治団体「幸福実現党」ですが、予定通りの衆院選への出馬をすることが明らかになりました。
「幸福実現党」は、宗教団体「幸福の科学」をバックにした政治団体ですが、大川隆法総裁(53)は、比例代表近畿ブロック1位で立候補することが正式発表されました。
しかし、妻の大川きょう子氏は不出馬となり、大川氏をサポートに回る予定ということ。
もともと大川氏は、東京ブロック1位から立候補する予定でしたが、党首脳と広報部の間に情報伝達のズレがあったということです。

「幸福実現党」は、東京7区に歌手の大門一也氏(46)を擁立することも発表しました。大門氏は、『ウルトラマンガイア(1998〜1999)』の主題歌や挿入歌を歌っていたことで知られ、作曲家としても光GENJIに楽曲提供したということです。



Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090817-00000047-sph-soci


----------PR----------

書籍出版エージェント

編集プロダクション(編プロ) 企画

流行りもの先取り予想サイト

携帯アフィリエイト 入門書 安 送料無料

ダイエット手法すべてみせます

押尾事件はまだまだ続きそう

  • 2009/08/07(金) 22:20:19

当然の話ですが、押尾容疑者と一緒にいた女性の親族が、押尾容疑者の無責任な態度に激怒しているようです。
女性の変死現場から逃走し、麻薬取締法違反で逮捕された俳優の押尾学容疑者(31)ですが、まだまだ話題は尽きません。

銀座のホステスをしていて、押尾容疑者とは不倫関係にあったという変死した女性の葬儀が6日、故郷の岐阜県飛騨市にある大黒寺で営まれました。
押尾容疑者は供述で「女性から錠剤を勧められたから飲んだ」としていますが、これに対して女性の関係者が激怒しています。

「死人に口なしか!!(押尾容疑者は)勝手なことばかり言っている。どうせ弁護士が言わせている」と吐き捨てるように不信感も露わにしました。

女性の両親はすっかり意気消沈しているようです。
「静かに見送りたい」という両親の意向によって、寺から報道陣を遠ざける厳戒態勢の中、100人以上が葬儀に参列。着物姿でほほえむ女性の遺影が飾られ、同級生の女性たちが涙声で弔辞を読み上げ、お焼香では泣き崩れる女性もいたそうです。

女性の印象について親族は、次のように振り返りました。

「優しくて、親思いで、いい子だった」

両親に代わって親族の代表者が取材を受け、押尾容疑者に対して聞かれると、

「別の世界の人ですから」とコメント。

押尾容疑者が女性に罪を押しつけているかのような供述については、

「(女性が)勧めたと思っている人は誰もいません。でも、そんなことを争っても(女性は)帰ってこないから」と述べ、告訴を避ける意向を表明しました。

一方、女性の知人が取材に対して「男性に錠剤を勧められて困っている」という相談を受けていたを公表しました。
これが事実ならば押尾容疑者の供述と矛盾することになります。

警察には一刻も早い真相究明をお願いしたいところです。



Yahoo!ニュースURL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090807-00000033-sanspo-ent


----------PR----------

書籍出版コーディネーター

地域猫

書籍出版のための企画書の書き方

スポーツ・占いいろいろ解説

東京都 編集プロダクション(編プロ)