話題のストリートビュー

  • 2009/11/24(火) 12:15:15

日本国内でも、物議をかもしだしているストリートビューですが、このたび、スイスの連邦データ保護・情報委員(FDPIC)がGoogle Mapsのストリートビューで、Googleを訴える意向を明らかにしました。
ストリートビューに写った人の顔や車のナンバープレートが十分にぼかされていないという理由から提訴に踏み切ったということです。

Googleが8月に同国でストリートビューを開始して以来、多数の人の顔や車のナンバーが十分にぼかされていないままになっていると指摘してきたスイス政府。
9月にはGoogleに改善勧告を出したが、同社はほとんど従わなかったようです。確かにこの問題は日本でも話題にのぼりますよね。

特に子供や女性にとってはかなり深刻な問題でしょう。
そこから、何らかの犯罪が生まれる危険性もあるのですから。

もともと、Googleがサービス開始前に行った事前説明では都市の中心部を主に撮影することになっていましたが、最近のストリートビューは多数の街や都市の包括的な写真が掲載されているとFDPICは述べています。

確かに、最初は都会だけだと思っていたのですが、最近は自分の家の近くまで、ストリートビューに鮮明に映し出されていて、なんとも言えない気持ちになっています。

通りを歩く人が少ない地方では、単に顔をぼかしただけでは身元を隠すのに不十分だとスイス政府は指摘しています。
さらにストリートビュー撮影車のカメラが普通の通行人の目線よりも高く、フェンスの向こうまで見えてしまうことも問題視しています。

Googleはこれを受けて「残念」とコメントしています。
同社はナンバープレートと顔のぼかし対策には自信を持っており、積極的に弁護すると話していますが……。
これはどうなのでしょうか。対策には自信を持っている、というほどのことは何一つないと思うのですが。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL

CNET JapanニュースURL


----------PR----------


税理士事務所 帳簿 千葉市 稲毛区

相続税 対策 千葉市 稲毛区

独立起業 手続 千葉市 稲毛区

整骨院 融資相談 千葉市 稲毛区

書籍出版コンサルタント

10月の純増数はソフトバンクが首位維持

  • 2009/11/19(木) 05:07:48

10月の携帯電話4キャリアによる純増数が発表されました。
10月もナンバーワンはソフトバンクモバイルで、これで3か月連続ナンバーワンに輝きました。

ソフトバンクは、ホワイトプランを始めてからは、ほとんど首位ばかりでしたが、7月は、ドコモに負け、8月にまた持ち返しました。それからまた連続ナンバーワンで、3か月連続です。

純増数とは、携帯電話の新規契約から解約を差し引いたものです。
10月はソフトバンクモバイルが9万7500件でトップになっています。その理由にはやはりアイフォーンの好調さがあるのでしょう。

ソフトバンクは一部端末でアイフォーン無料キャンペーンを続けている一方、他社からの契約流入も3万件にのぼりました。

ソフトバンクは他社からの契約切り替え時に、基本料金が最大15ヶ月割引になるキャンペーンを実施しており、人気を集めた模様です。

ちなみに2位はイー・モバイルで8万件。これは少し意外だと感じたのですが、データ通信用カードの需要が堅調だった、という理由を見て納得しました。。

ドコモは、2年間の割引契約が終了した利用者が、他社への契約に切り替えるケースが増加し、5万5100件で3位にとどまりました。

AUは2万7500件で4位。最近はすごく不調ですよね。AU。
AUは8月に通信料金の大幅な割引施策を導入し、9月は純増数が10万件を突破しましたが、契約増が一服したようです。

9日からメール無料サービスを開始しているので、「11月の契約増に期待したい」とAU側はコメントしています。



【関連ニュース】


Yahoo!ニュースURL


イザ!ニュースURL


ライブドアニュースURL


CNET JapanニュースURL


----------PR----------


地デジ 裏ワザ

仕事力 パソコン 段取り

デジカメクラフト 年賀状 2010

DVDコピー マニア

リアル 動き ゲーム 物理プログラミング

日清日露戦争 入門 書

婚活詐欺女、中学時代から援交疑惑

  • 2009/11/02(月) 22:31:28

結婚詐欺容疑などで逮捕された女、現在知人男性の相次ぐ不審死との関連を調べられていますが、この女の身辺調査が進んでいくにつれて、中学校時代の“援交疑惑”が判明しています。

なんと、この女、出身地の北海道別海町の住民の話から、中学生時代から、成人男性との交際で多額の収入を得ていたとみられ、中学生ながら財布には1万円札の束が入っていたこともあったということです。

独身男性に結婚をちらつかせて金を詐取していたとされる女、その兆しは中学時代にあったのですね……。
本当に恐ろしいです。

中学生といえば、まだ本当に子供の年齢ですが……。
そんな幼いころから、男からお金を搾取することをしていたなんて、身の毛のよだつ話です。

地元住民の話を総合すると、別海町内の中学校に通っていた女は、成人男性と交際をする見返りに金銭を受け取る、いわゆる援助交際を行っていたようです。

ちなみに性行為があったかどうかは不明ですが、相手は1人ではなく、複数の男性から報酬を受け取っていたようです。

中学生ながら、1万円札の束が入った財布をクラスメートに見せたこともあったということです。
この時から、金銭へのこだわりは相当だったのですね。

しかも、この事実は、中学校側まで知れ渡ったようで、学校側も、何度も繰り返し援交をやめるよう注意しましたが、女は聞き入れることはなかったようです。
住民の中には「小学校高学年から大人の男性と一緒に歩いていた」と話す人もいます。

この女もそうですが、子供相手に援助交際を行う男もどうなんですか??もうおかしいとしかいいようがありません。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------PR----------


iPhone3GS 裏

債権回収 方法

副業 在宅

iPS細胞とは

税理士事務所 帳簿 千葉市 花見川区

相続税 対策 千葉市 花見川区

独立起業 手続 千葉市 花見川区

整骨院 融資相談 千葉市 花見川区