携帯アプリの自作に挑戦できる新サービス

  • 2010/07/27(火) 18:24:15

携帯電話で使用できるアプリケーションを、簡単に作成できるツールをグーグルが開発したようです。

アプリケーションの開発には、プログラミングの知識と、それを使いこなす技能が必要になりますが、今回グーグルが発表した新しいサービスは、マウス操作メインでアプリのプログラム構築が可能となっているようです。

画期的な新サービスとしてグーグルから発表された新サービスは『App Inventor for Android』と呼ばれ、現時点で使用するには申請が必要とのことですが、このサービスが一般的に普及すれば、「iPhone」に対する強力な競争力になると、大きな期待がグーグルからかけられているようです。Android搭載のスマートフォンを発売している会社には追い風となりそうです。

Google Labs の App Inventor サイトには、。「App Inventor はプログラムの知識を全く必要としない。なぜなら、コードを書くのではなく、アプリの表示レイアウトを視覚的にデザインし、アプリの動作についてはブロックを使って指定する仕組みだからだ」と書かれています。つまり、Androidの機能を実行するように構築されたコンポーネントを、マウス操作で組み立てるような感じなのでしょうか? マウス操作で構築できるApp Inventorのブロックの中には、Twitter やAmazon.com とやりとりできる機能を持つものもあるようです。
さらに、GPS機能を内蔵したApp Inventorブロックを利用してアプリを作成すれば、位置認識機能を利用するアプリも自前で作成できることになります。ひょっとしたら、カーナビも自作出来てしまうのかもしれません。

今回発表された『App Inventor for Android』を使いこなすには、若干のプログラミングの知識が必要、との事ですが、ほとんどの作業をマウス操作だけでおこなえるのであれば、プログラムの初心者でも挑戦してみる価値があるのかもしれません。
本格的なリリースが本当に楽しみです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

ライブドアニュースURL

ITメディアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


司法書士 出版youtube ニコニコ動画 DVD ブルーレイ テレビ

ITパスポート 合格 過去問題集 試験対策

社会福祉士 過去問題 わかりやすい

iPhone アプリ カスタマイズ 使い方

便利 iPhone iPad Google クラウド

次世代スーパーコンピューターの名称は「京」

  • 2010/07/12(月) 22:31:33

日本で開発されているスーパーコンピューターのシステムの名称が公募を通じて選ばれ、選考の結果「京」と決定したそうです。

独立行政法人理化学研究所で開発・推進している次世代のスーパーコンピューターの名称について一般公募されました。
1529件の候補の中から選ばれたのは「京」。数を数える時の単位であり、「兆」の次の単位としてもお馴染みですね。発音は「ケイ」と読むそうです。

次世代スーパーコンピューターの開発目標性能でもある10PFLOPSを、万進法で表した場合、1京FLOPとなりますが、これにちなんだ命名であるようです。英語での表記は「K Computer」。ずいぶんと洋風な名前に感じられますが、命名の由来をこうして検証してみると、和風な理由があることに気がつかされますね。

選考の理由については、「ほかの科学技術分野の名称・愛称に多く用いられているものと重複がなく、単位で表現するという新規性がある」「歴史と未来が同居する言葉。『京』はもともと大きな門を表し、『計算科学の新たな門』にもつながる」などの点が挙げられています。

プロジェクトを立ち上げた当初は「汎用京速計算機」などと呼ばれていた次世代スーパーコンピューターですが、この仮称の中から一文字を取っての命名となりました。1529件の応募の中に、「京」の名前を応募してきた件数は7件。センスのいい人がいるものです。

民主党の事業仕分けによって大幅に予算が削減されそうになった国家事業としてのスーパーコンピューター開発ですが、逆にこの一件で社会的な認知度が上がったのかもしれません。

今後は、「京」の名前にちなんだロゴマークなども製作し、次世代スーパーコンピューターの認知度などを高めていくそうです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

ライブドアニュースURL

ITメディアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


司法書士 出版

アフィリエイト

出版エージェント

社長 本

持ち込み 出版社

iPhone4、早くもハッキングされる

  • 2010/07/08(木) 22:37:29

発売から1週間とたたずに、早くもiPhone4がハッキングされてしまったそうです。

世界中のハッカーたちが、発売と同時にiPhone4を購入、さっそく解析をおこない、早くもロック解除に成功しています。すでに複数のハッカーがロック解除を宣言し、クラックしたiPhone4の画像をネット上で公開しています。さらに、有名なハッカーチーム「iPhone Dev-Team」に至っては、iPhone4の発売前からハッキングに成功していたと言われています。

新しい端末やOSが発売されると同時に、ハッカーたちがJailbreak(ロック解除)に挑戦し、早々とハッキングに成功するという現象は、いまや恒例行事となりつつありますが、アップルもさっそく、ハッキング対策に乗り出す様子を見せています。

今回のJailbreakに対応する新しい「iOS 4.01」を、すぐにリリースするという噂がささやかれています。
さらに、iPhone4の側面を握ると電波の受信感度が悪化する問題についての対応も、含まれているといいますが、日本語での正式な発表はまだどこからもされていないようで、今後のアップル社の対応が注目されています。

アップル社のCEOであるスティーブ・ジョブス氏のツイッター上の発言で、「新型iPhoneをリコールしなければならないかもしれない」とツイートしたという報道がイギリスの新聞でスクープされていますが、このつぶやきは有名な偽物アカウントからのものだそうで、問題の記事は既に削除されているそうです。

発売同時に電波受信の不具合に加え、ハッカーたちにロック解除を早々と達成されてしまったiPhone4ですが、消費者ががっかりするような不具合に対しては、きっちりとリコールを受け入れてもらいたいものです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

ライブドアニュースURL

ITメディアニュースURL

イザ!ニュースURL


----------PR----------


会計士 出版

ネットビジネス

出版企画書

起業家 出版

商業出版デビュー

大相撲名古屋場所、開催の危機

  • 2010/07/02(金) 17:13:49

琴光喜のプロ野球賭博疑惑を発端として、角界の賭博疑惑がどんどん飛び火しています。

琴光喜だけの問題として騒ぎを収めたかったはずの相撲協会ですが、これまでに賭博の実体が調査され、力士だけにとどまらず、親方たちにも恒常的な賭博の習慣があったことが明らかになってしまいました。

ちょっとした賭けごとならば、誰でも経験があるのでしょうが、特殊法人の相撲協会に所属する力士や親方、役員に、賭博が許されるはずもありません。身内でひっそりと賭博を楽しんでいたという言い訳は、もはや誰にも信じてもらえない状態になっています。

さらに、川端達夫文部科相が、次回開催となる名古屋場所の開催についてまで言及し、一層話が大きくなってしまいました。22日の定例会見で、川端文部科相は、大相撲の名古屋場所について「開催確定できる段階に至っていない」と述べました。
下手をすれば本当に、名古屋場所の開催が危うくなりそうな展開です。ただでさえ相撲協会の法人格を剥奪する意見が強い民主党政権ですから、本当の事になりかねませんね。

川端文科相は名古屋場所の開催条件として、特別調査委員会の調査結果に基づき、出場できる力士と出来ない力士をはっきりさせること等を条件に挙げていますが、これをやってしまうと、休場した力士はすべて、賭博を行っていた力士と判断されてしまいます。

まだまだ日本にたくさんいる大相撲ファンをがっかりさせるような結末にならないことを祈るばかりです。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL


----------------PR----------


毎日コミュニケーションズ 合格 基本情報技術者 過去 問題 2010-2011年版

Twitter 儲かる ツイッター 利用法 仕組み 扶桑社

電子書籍 基本カラクリ 仕組み 用途 利用法 洋泉社

弁護士 出版

出版プロダクション