アップル、タブレット・デバイス「iPad」発表

  • 2010/02/02(火) 12:39:57

気温も冷え込みますが、景気も寒々しい中、アップルのニュースを見るたびに、景気のいい会社は景気がいいんだなぁと思ってしまいます。

米国Appleは1月27日(現地時間)、大方の予想どおりタブレット・デバイスをリリースしました。
名称は「iPad」。その仕様と価格は、多くのAppleウォッチャーを驚かせてくれました。Appleによると、iPadはノートPCとスマートフォンの中間に位置する製品です。
iPadでは、「iPhone」でできることの多くが可能となっていて、サイズは9.7インチ型LCDディスプレイを搭載し、厚さは0.5インチ(約13mm)、重さは1.5ポンド(約680g)。ストレージは16GB、32GB、64GBの各モデルが用意されているとか。

価格は16GBモデルが499ドル、32GBモデルが599ドル、64GBモデルが699ドル…思ったよりも安値ですよね…!
Wi-Fi通信機能を標準搭載し、3G通信機能を併せて搭載するモデルも、この価格にそれぞれ130ドル上乗せして販売されるらしいですよ。ちなみに、Wi-Fi対応モデルは3月下旬に全世界で、Wi-Fi/3G対応モデルは4月に米国と一部の国で発売される予定だそうです。

Appleのオフィス・スイート「iWork」のiPad版など、専用に開発されたアプリケーションのほか、「App Store」で提供されている14万種類以上のアプリケーションのほとんどが利用できるそうです。そして、iWorkのどのアプリケーションでも、起動するとドキュメント・ライブラリが表示され、目的のドキュメントをタップして開ける……、テキストをタイプする必要がある場合は、画面にキーボードが表示される……。iWorkアプリケーションは9.99ドルでApp Storeからダウンロード販売される……。

なんだか、大きなiphoneという感じしかしないんですが、そんな認識でOKでしょうか。大きなiphone。でも、大きいからこそ、いいアプリケーションもあるはず。
それがiPad用に開発されたアプリケーション「iBooks」でしょう。

これはAppleの電子ブック・リーダー・アプリケーションだで、iBooksにより、ユーザーは電子ブックをiPadで読んだり、Appleの新しいiBook Storeから購入したりできるそうです。今流行りのキンドルとどう対抗するんでしょうね。iBook Storeで販売される電子ブックの価格は、8〜15ドルだということで、書籍とほぼ格差のない値段です。



【関連ニュース】

Yahoo!ニュースURL

イザ!ニュースURL

ライブドアニュースURL

CNET JapanニュースURL


----------PR----------


税理士事務所 帳簿 市川市

相続税 対策 浦安市

独立起業 手続 市川市

整骨院 融資相談 市川市

ブログを書籍化する出版社

編集プロダクション(編プロ) カタログ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL